足のタコができやすい原因として

合わない靴を履き続けることもありますが

合わない靴を履き続けることによって

 

足が変形してしまう

 

という原因もあります。

 

ビフォーアフター

↑外反母趾で骨が突起してしまった部分にできた角質トラブル

このようになってしまうと

足の一部分に体重がかかりやすく

タコができやすい状態になります。

なので、

 

外反母趾の予防

もしくは

今よりも悪化の予防

が必要になります。

 

具体的には

①足でグー・チョキ・パー運動

②足指でタオルをつかみたぐり寄せる運動

③足指だけで芋虫歩き(3メートルくらい)

などです。

 

あとは

外反母趾は長期間かけて改善していくものなので

タコを防ぐためには

 

タコができやすい部分にパットを敷く

保湿クリームを塗りこむ(尿素入り)

 

をしたほうが足のために良いですよ!

外反母趾が原因での足のタコ

気になる方はご相談くださいませ。

 

ご予約はお電話で
福山本店 084-947-2080

東岡山店 086-942-0807